【まとめ】プロ厳選!カンボジアに行ったら絶対食べたい郷土料理。おすすめレストランも。

シェアする

スープドラゴン ブログ 口コミ

インドシナ半島の真ん中あたりに位置するカンボジアは、さまざまな国の影響を受けた結果、その料理においてもオリジナルのスタイルを確立しています。

私が一番感じたのは、想像していたよりも優しい味で、日本人の口にあう、ということ。

辛すぎず、そして尖りすぎていないクメール料理(カンボジア伝統料理)は、「俺、パクチーとかダメなんだよね…」という男性でも、安心して楽しめるお味です。

ココナッツミルク

また、カンボジアの人は甘党で、ココナッツミルクをたくさん使います。
あぁ、なんて素敵。これで美味しくないワケがありません。

というわけでこの記事では、旅ライターKが食べて「本気で美味しいと思ったもの」を厳選してご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

本当に美味しかった!おすすめカンボジア料理

プラホック

まずご紹介したいのは、料理…というよりも、調味料に近い位置づけなのかな?魚を発酵させペースト状にした「プラホック」です。

プラホック

日本でいう味噌や醤油のような存在のプラホックは、スープやカレーなど、クメール料理の味付けに使われます。

カンボジアに行ったなら絶対に体験して欲しいのは、そんなプラホックが主役になっているお料理。

プラホック・ティス シェムリアップ

私がいただいたのは、「プラホック・ティス」という、ディップのようなもの。野菜などに着けていただきます。
魚醤とはいえ、ほとんどクセがなく、それでいて深~い味わい。

私は、パブストリートの人気店レストラン「スープドラゴン」で食べました。

プラホックに関しては、コチラの記事も詳しいです。

アモック

カンボジアらしい甘さを持つ「アモック」は、雷魚などの淡水魚や、鶏肉、野菜を、ココナッツミルク入りの卵液で蒸した料理。

アモック

カンボジア版の茶わん蒸し?と言えばわかりやすいでしょうか。でも、ココナッツカレーに近いお味。ホロホロと固形のモノや、スープに近いモノ、お店によって見た目は様々です。

ご飯と一緒に食べると最高!

たいていのレストランでいただけます。

アモックに関してはコチラの記事も詳しいですので、ぜひチェックを。

ヌンパン(ノンパン)

かつてフランス領だったカンボジアは、意外なことにパンが美味しい国としても有名。

サクサクした食感のフランスパンが使われたサンドイッチは、地元民の朝食としても親しまれているんだそう!

ヌンパン(ノンパン) カンボジア サンドイッチ

屋台や食堂で食べられます。これまた本当に美味。日本で食べるバゲットサンドより好き。

私は、「Neak Pean Restaurant」で食べました
この周辺には似たようなレストランがいくつかありましたのでお好きな場所で♪

クイティウ

帰国後も、「あ~あの時、楽し&美味しかったな…」とキュンと思い出すのは、「クイティウ」を食べたホテルの朝食タイム。

クイティウ

東南アジアではおなじみな米麺を、ダシスープでいただきます。
ライムがのっかったりして、とてもオシャレな味。ツルツルと朝からでも食べやすい麺料理です。

チュナンダイ マッシュルーム

ホテルの朝食メニューには必ずと言っていいほど入っていて、私も実際、ホテル「シェモアスイーツ」や、「ヒルロックホテル」で食べました。

ガリークメール

カンボジアに詳しい日本人がみんなオススメする「ガリークメール」。
野菜とココナッツミルクたっぷりの、あまくってマイルドなカレーは日本人好みの味!

アモックと並んで、特に女の子に好かれる料理だと思います。

ガリークメール

ボックロホン

青パパイヤのサラダ「ボックロホン」。

ボックロホン 青パパイヤのサラダ

ハーブ、いんげん、ピーナツ、干しエビや鶏肉、そして青パパイヤが使われたさっぱり味のサラダ。
チリソース?や魚醤、ライムなどで味付けされています。これは日本でもちょこちょこ食べる機会がありますね。

私は、レストラン「Khmer Angkor Kitchen Restaurant」で食べました。

プリアサイッコー

ライムを使った牛肉のマリネ「プリアサイッコー」。

カンボジアは本当によくライムを使います。さっぱりして美味しい。

こちらは、シェムリアップの人気レストラン「チャンレイツリー」で食べました。高級めなレストランではありますが、この一皿がカンボジアで食べたものの中で一番美味しかったかも。

カンボジア 牛肉とハーブのサラダ

トムヤムクン

タイ料理ではありますが、「トムヤムクン」はカンボジアでもよく食べられるスープです。

この美味しさは言わずもがな…もう、すでに大好きで仕方ない女子は多いでしょう…。

トムヤムクン

チュナンダイ

土鍋料理「チュナンダイ」は、ガイドブックなどには必ず載っているクメール料理を代表するいっぴん。

チュナンダイ 揚げ豆腐

野菜、揚げ豆腐、マッシュルーム、牛肉、卵を使います。

〆はもちろん米麺。

私は、パブストリートの人気店レストラン「スープドラゴン」で食べました。

チュナンダイはコチラの記事で詳しく解説しています。

チャートロアップ

クメール料理の中では、なんだか地味な存在かも…
他で紹介されているのを見たことがありません(笑)が、本当に美味しくてハマってしまったので、皆さまにもぜひ食べていただきたく!

チャンレイツリー メニュー

「チャートロアップ」は、直訳すると「茄子炒め」という意味だそう。

トロトロになった茄子と甘い味付け、ごはんがすすんでしまいます…

私は、レストラン「チャンレイツリー」で食べました。

おまけ 揚げピーナツ?

現地での呼び方がわからないのですが、↓こちらの揚げピーナッツ、カンボジアでは本当によく見かけました。

ハーブと塩の味付けが絶妙で、ビールに合う合う!

私は、レストラン「シェムリアップ ブリューパブ」で食べました。
こちらのレストランは、シェムリアップ初の地ビールを出すお店。ぜひ、おつまみとして一緒に楽しんでください!

カンボジア定番おつまみ 味付きピーナッツ

他にもまだある クメール料理が食べられるレストラン

上でご紹介した「スープドラゴン」「チャンレイツリー」「シェムリアップ ブリューパブ」のほかにも、クメール料理を食べられるレストランは色々あります。

その中からハズれなし!という優秀店をいくつかご紹介

ヴィロス

オールドマーケットから徒歩15分ほどの場所にある「ヴィロス」は、オシャレな内装の清潔なお店。
少し高級なイメージがありますが、1品のお値段は5~8ドルほどで、日本と比較すればお手頃。
開放的なパティオをシルクのカーテンで仕切った非日常なつくりはフランス人デザイナーによるもの。

アイコングーグルマップを開く

カフェ・インドシン

アモックが人気だという、フランス人経営のレストラン「カフェ・インドシン」。

こちらも、オールドマーケットから徒歩20分くらいの立地で、比較的行きやすいお店かな、と思います。

ワインの品そろえも豊富。ヴィロスと同じくハイセンスなオススメ店。

アイコングーグルマップを開く

プラサート・ニャン・パウ

シェムリアップ空港の近くに位置する「プラサート・ニャン・パウ」。

最近、シェムリアップで流行りだという高床式コテージで建てられていて、その上、ハンモックでくつろぎながら食べるというスタイル。
名物メニューは、朝締め(!)の鶏を丸ごと揚げた(!)、「モアンドッ」。

アイコングーグルマップを開く

番外編 シェムリアップの屋台メシ

クメール料理?ではないのですが、カンボジア シェムリアップではぜひ屋台メシも体験して欲しい!

屋台は、シェムリアップで一番にぎわう通り「パブストリート」などに並びます。

パブストリート 屋台

屋台では、BBQや、いかにも東南アジアっぽい焼きそば、南国フルーツを使ったフレッシュジュース、クレープなど、様々なグルメを楽しむことができます。

カンボジア 屋台 ビール

屋台メシに関しては、「シェムリアップの屋台メシ 気になるものを片っ端から食べてみた」の記事も詳しいです。

また、パブストリートに関しては「シェムリアップの夜遊びはパブストリートで!おすすめショップ紹介」の記事も参考になると思います。ぜひ。