カンボジアに行ったら伝承療法「チュポン」を体験すべし!そもそも「チュポン」とは?

シェアする

チュポンとは

カンボジア シェムリアップを旅する女子の皆さんは、「どんなスパに、つか、スパ 何カ所まわろうかしら~~~!」とワクワク計画していることと思います。

ところで、その中に「チュポン」を体験できる施設はあるでしょうか?

あまり知られていないのですが、カンボジアにはそう呼ばれる、古い時代からの伝承医療があるんです。

今日はそんなチュポンについて、それを受けられるスパ3カ所のご紹介と、「そもそもチュポンってどういうモノ?」というお話など。

スポンサーリンク

チュポンって何?

チュポンを一言で表すならば「カンボジアのハーバルスチームサウナ」って感じでしょうか。

韓国のよもぎ蒸しを想像していただければかなり近いかと。

チュポンは、そんな、「世界各国の薬草サウナ文化」の中でも、特にアーユルヴェーダの流れをくんだものだそう。

チュポン 使用ハーブ 効能

一人用のテントに入り、椅子の下に置いた素焼きのツボにさまざまなハーブを入れ、煮詰めた後に出てくるスチームを体に当てるという仕組みです。

チュポンとは

皮膚から、口から鼻からスチームが体内に入り、毛細血管をめぐります。

チュポンによって期待できる効果とは

チュポンは、クルクメール(1000年以上前から活躍するカンボジアのお医者さん)によって伝えられるもの。

もともとは産後の女性のために考えられたんだそうです。そのため、体力回復や心身強壮の役割が。
東洋医学は未病に対応するもの、なんてよく言われますが、なるほどチュポンもそんな要素(予防医学)が強いみたいですね。

カンボジア ハーブ 種類

とはいえ、期待される効果は使用ハーブによって変わってきます。

カンボジアハーブ 種類

前述の体力回復のほか、なんと美肌、美白や整腸作用、毒素排出、ダイエット、血行不良やストレス改善などにも良いそう。

中には、男性に嬉しい、加齢臭抑制効果があるものも?!

チュポンのここがすごい

私も、シェムリアップ滞在中に2度体験したのですが、特にうれしいのが、「熱すぎないこと」。じわじわ、そして長く大量に汗をかくことができるので、本当に気持ちいい。

フレッシュなハーブの香りも気分がいいし。

そういえば、最近、日本でも通常のサウナよりもスチームサウナを好む人が増えていますよね。
それに、暗い一人用のテントの中でゆっくり過ごせる事も、リラックス効果に影響ありそう。

チュポンとは 写真

…ということで、チュポンについて、いかがでしたでしょうか。

みなさんもぜひ、カンボジアを訪れたならチュポンを体験してみてください!

シェムリアップで「チュポン」が受けられるスパ一覧

アイコンSPA KHMER(スパクメール)

住所:salakam reuk commune, siem reap, Cambodia
電話:+855 011 345 039

まずご紹介するのは、「カンボジアハーブの伝道師」こと篠田ちひろさんが立ち上げた一軒家スパ「スパクメール」。

私が訪れたとき、ちょうど、あの某有名女優Aさんも来ていました!
後日、「アンコールワットの謎に迫る」的なBSの番組のナビをしていたのを拝見。「あ、あの時収録してたのね」と妙に納得。

と、話がそれましたが、ここ、マジでお勧めです。

アイコンスパクメールのデトックスツアーはコチラから
アイコンライターのスパクメール体験記事はコチラ

スパクメール 口コミ ブログ

アイコンSamathi Spa(サマティスパ)

住所: No. 378, Sombai Road, Wat Damnak Commune, Siem Reap
ホテル Chez Moi Suite and Spa(シェ モア スイート アンド スパ)最上階
電話:+855 063-765995

サマティスパは、前回ご紹介したホテル「シェモア スイーツ」の屋上にあるスパ。

ちょっと珍しい、小屋型チュポンを体験できます。お友達と楽しく受けたい方はぜひ。
宿泊者向けの無料メニューや割引メニューが豊富なので、どうせなら同ホテルに泊まることをおすすめします。

シェ モワ スイート アンド スパの予約 詳細はコチラ
ライターのサマティスパ 体験記事はコチラから

ホテル シェモアスイーツ スパ ブログ 口コミ

アイコンMudita Spa(ムディタスパ)

住所:#0369 NR6, Krong Siem Reap, カンボジア
電話:+855 63 964 406

「ムディタスパ」は、国道6号線沿いにある5つ星ホテル「ボレイ アンコールリゾート」内にあるスパです。

シェムリアップで一番初めにチュポンのサービスを提供した場所。
ほんの数年前まで唯一の存在でした。

大きなホテル内の施設なので、合わせてカフェやレストラン、ショップ、プールなどレジャー施設のように楽しめるのがここのメリットでしょうか。

ジャグジーも利用できます。

ボレイ アンコール リゾート&スパの予約 詳細はコチラ