カンボジアに行ったら絶対に「プラホック」を食べるべし。

シェアする

プラホック

カンボジアで普段食べられている郷土料理「クメール料理」は、まろやかで、日本人に好まれる味だといわれています。

その大きな要因として考えられるのが、今回ご紹介する「プラホック」です。

プラホックは、クメール料理には欠かせない、日本でいう味噌のような調味料のこと。

魚(トンレサップ湖などの湖で獲れるコイの仲間)を発酵させて作るため、「魚醤」とか「塩辛」をイメージしてもらうと、それに近いかもしれません。

この記事は、「プロ厳選!カンボジアに行ったら絶対食べたい郷土料理」のページにも紹介されています。
スポンサーリンク

「プラホック」を使ったクメール料理

プラホックは調味料としてスープやカレーなどの味付けに使われるので、カンボジアを訪れたなら、意識せずとも自然に口にすることになるはず。

とはいえ!せっかくなので、プラホックを主役にしたお料理を体験したいですよね!ということで以下は、そんなプラホック料理をご紹介したいと思います。

最後に、それらが食べられるレストラン情報も掲載していますので、ぜひ最後までご覧くださいませ♡

プラホック・ティス

まず最初にご紹介するのが、「プラホック・ティス」。

プラホック・ティス シェムリアップ

プラホックや豚肉などで作られたディップやソースのようなものです。野菜につけて食べたりします。
バーニャカウダみたいな感じかしら?

シェムリアップ スイカジュース

実は、自分が食べたこの料理、名前がわからず、帰国してからガイドブックを何冊も買って調べました(笑)
現在、インターネットで検索しても、「プラホックティス」という表記がほとんど見られないため、日本では全く知られていない料理だと思います。みなさま、ぜひぜひ体験してきてね!

プラホック・アン

プラホックと、いろんなスパイスを混ぜ、それをバナナの葉に包んで蒸したもの。

プラホック・ティスよりもペースト状になっていて、こちらもやはりディップのようにして使います。

プラホック・リン

ブラホックと豚ひき肉の炒め物。
プラホックをガッツリ楽しみたい人向け。少しクセが強いので、「魚醤とか大好きよ!」って人はチャレンジしてみて・

プラホック・クティ

プラホック・リンにココナッツを加えた炒め物です。
そのため、プラホック・リンよりもマイルドで食べやすいといわれています。
(プラホック・クティッヒとも表記されます。)

プラホック料理が食べられるレストラン

スープドラゴン

一番最初にご紹介した「プラホックティス」を食べたのが「スープドラゴン」です。

シェムリアップ滞在中、一番通ったのがここでした。

スープドラゴン 夜 ディナー 口コミ

プラホックなどのほか、代表的なクメール料理である「チュナンダイ(鍋)」も名物。

スープドラゴン ブログ 口コミ

シェムリアップの中心部、パブストリート沿いにあり、アクセスも抜群です。

詳しくは、「シェムリアップで一番通ったレストラン「スープドラゴン」」の記事をご覧くださいね。

スポンサーリンク
top010525b top020525b top030525a top040525b top0505245b