いよいよカンボジアへ!ドキドキ出入国手続き体験レポート

シェアする

羽田空港 国際線

さあ、いよいよアンコールワットがある町、カンボジアシェムリアップへ向かいます!

というわけで、この記事では、羽田空港から、乗り継ぎ地であるマレーシア クアラルンプール、そしてそこからシェムリアップ空港への旅路をレポしたいと思います。

初めてだとドキドキする出入国の手続きや、VISAの取得方法まで詳しく解説♪

羽田空港 国際線 駅

スポンサーリンク

まずは羽田空港へ

羽田空港 国際線ターミナルへやってきました。

最近新しくなったこの場所、日本の江戸をイメージして作られているみたい。左手には錦帯橋が見えますね。気になる方は実際に渡ることもできるので時間つぶしにぜひ。

羽田空港 錦帯橋

和風小物を扱う雑貨やさんやカフェ、レストランなどもあります。

さて、ここでやることは「チェックイン」「海外Wifiの受け取り」「出国手続き」の3つ。順番に説明していきます!

チェックイン

まずはちょっと早めに航空会社のカウンターに行き、チェックインを済ませます。

チェックインでは、旅行会社から渡された(メールで送られてきた)航空券とパスポートを提出し、搭乗券をもらいます。
機内に荷物を預ける人は、それもここで。

羽田空港 エアアジア チェックイン

余談ですが、行きの飛行機の場合、個人的には、機内にスーツケースを預けずに、自分で手で持って搭乗するのがおすすめです。トランジット(乗り換え)もあるし、荷物の紛失や盗難、汚れなどが心配なので。

ちなみに、飛行機がエアアジアなどのLCC(格安航空会社)の場合は、ハンドバックとは別に、機内持ち込みサイズ内のスーツケース7キロまで持ち込めます。

お土産が増えて重量が心配な帰りの飛行機は、受託荷物の予約をしておいてもいいかもしれません。(その場で頼むと予約より高額になります!)

海外用Wifiを受け取る

カンボジア旅に、絶対に持って行って!と私がグイグイと勧める海外Wifi
これがあるのと無いのでは、旅のスムーズさが全く違います。

羽田空港受け取り 海外Wifi グローバルデータ

てなワケで、私が海外に行く度、必ず借りているグローバルデータというWifiを受け取りにカウンターへ。
この会社、なんといっても便利なのが、出国ゲートのすぐ近くにカウンターがあるんです。

アイコン海外Wifi使用レポと、カンボジアのWifi事情に関してはコチラの記事を、
アイコン旅ライターおすすめの海外Wifi申し込みはコチラから。

出国後エリアへ

搭乗券、パスポート、そしてハンドバッグにスーツケースを握りしめ、保安検査(セキュリティチェック)、税関検査、出国審査をへて、出国後エリアへ移動します。

保安検査~出国審査

手荷物検査では、100ml以上の液体はすべて没収されるのでご注意を。
100ml以下の液体は、20センチ四方以内の透明な袋に入れてあれば持ち込めます。

飛行機 液体持ち込み

税関検査は、特別なものを持ちだす人のみ、所定の用紙に記入して提出する必要がありますが、たいていの場合は必要ないと思います。

パスポートとエアアジアのチケット

出国審査は、パスポートと搭乗券を提示するだけです。

免税店や巨大フードコート「TOKYO SKY KITCHEN」を楽しむ

さて、出国後エリアに来ました。

フライトまで時間がある場合は、このエリアをゆっくり楽しみましょう。
(ドルへの両替を済ませていない人も、このエリアで。)

羽田空港 国際線 出国エリア ロクシタン

まず、女子としてハズせないのが免税店のチェックです!

「こんなの見たことないな~」っていう免税店限定の、ロクシタンやPAUL&JOE(ポール&ジョー)のプロダクトたち。思わず買ってしまいたくなるキュートさ。

羽田空港 国際線 出国エリア ポール&ジョー

ユニクロもありますので、下着の買い足しも。
海外旅行では、ホテルに部屋着が置いてないことの方が多いですのでパジャマの持参はマスト。「うっかり持ってき忘れた!」という人もここで。

羽田空港 国際線 出国エリア ユニクロ

↓こちらは巨大なフードコート「TOKYO SKY KITCHEN」。
おひとりさまの電源シートもあります。海外旅行は何かと不安ですので、早めに手続きを済ませて、この場所でゆっくり待つのが正解かもしれませんね。

羽田空港 国際線 フードコート ショップ

フライトの時間が近づいてきたら、搭乗券や、ボーディーングボード↓などで搭乗口をチェックし、その場所へ向かいましょう。

クアラルンプールからシェムリアップへ

機内へ!

トランジット(乗り継ぎ地)であるマレーシア クアラルンプールへの飛行機に乗り込みました。

機内 おすすめのリラクゼーショングッズここから約7時間のフライト、リラックスすべく、すっぴん&ダルダルの部屋着で搭乗。

旅のマストアイテム、蒸気でホットアイマスクに、ベネクスのネックウォーマーで休憩しつつ、気になる映画も見つつ、機内も全力で楽しみます。

エコノミー症候群も怖いですので、たまに立ち上がって、屈伸運動などもお忘れなく。

トランジット(乗り継ぎ先)クアラルンプールへ

トランジット地であるマレーシアクアラルンプールに到着しました。(トランジット地はフライトによって違います。私は中国広州でのトランジットも経験しました。)

待ち時間の間、観光もいいですし、空港内を楽しむのも◎
クアラルンプールの空港は、世界で何番目かに大きいということで、時間をつぶすには持ってこいの場所。

クアラルンプール空港

さまざまな料理が楽しめるフードコートや、広い免税店は見るものがたくさん。

トランジット地からシェムリアップへ

トランジットを終え、いよいよシェムリアップ空港へ!
約2時間のフライト。CAさんから配られる「出入国カード税関申告書ビザ申請用紙」などに記入しつつ、過ごしましょう。

【2017年追記】「税関申請書」が必要なくなってました!機内では合計2枚の書類を記入することに。【追記終わり】

カンボジア入国 ビザ 出入国カード 税関申告書 記入例

これに関しては、「カンボジア旅にはビザが必要『一番簡単な取得方法はコレでした。』 」の記事で詳しく解説していますので、心配な方はぜひチェックを。

シェムリアップ空港での入国手順

フー、やっと着きました。

シェムリアップ空港

まずはビザを取得

シェムリアップ空港では、まずビザカウンターに向かい、ビザを取得します。

必要なものは、パスポート料金証明写真、そして機内で記入したビザの申請書、そしてさらに空港のビザカウンター前の机に無造作に置かれた書類 APPLICATION FORM VISA ON ARRIVAL(到着時のビザ申請書)

APPLICATION FORM VISA ON ARRIVAL(到着時のビザ申請書)

「また同じようなこと書くんかーい!」とツッコミたくなりますが、我慢して記入し、すべてをもってカウンターへ。

数分でビザが発行されます。

*こちらに関しても、「カンボジア旅にはビザが必要『一番簡単な取得方法はコレでした。』 」の記事で詳しく書いてあります。

入国審査

お次は入国審査!

パスポートと、機内で記入した出入国カード(先ほど発行されたビザに記載されたビザ番号を追加記入)を提示します。

この後、機内に荷物を預けた人はターンテーブルで荷物を受け取り、そして税関申告書を提出してセキュリティチェックを通過。実体験からいうと、日本人はさほど警戒されず、ほぼノーチェックで出国できます(笑)

ひとつだけある到着出口から外へ!!!

シェムリアップ空港からトゥクトゥクへ

空港タクシーや、ホテル、旅行会社のハイヤー、トゥクトゥクなどを使い市内へ。

いよいよシェムリアップ旅が始まります!

スポンサーリンク
top010525b top020525b top030525a top040525b top0505245b