【まとめ】地ビールもある!カンボジアの人気ビールを調べてみた

シェアする

カンボジア 屋台 ビール

カンボジアは、もうとにかく、ビールがお安い国でした。

レストランで提供される銘柄も、それからコンビニやマーケットで売っている缶ビールも、本当に様々なものがあり、ついつい色々飲んでみたくなります。

スポンサーリンク

カンボジアで飲めるビール 楽しいです。

そんなワケで、この記事では、カンボジアの人気ビールについてご紹介したいと思います。

ちなみに、カンボジアではビールに氷を入れて飲むそうで…気になる方は現地流で飲んでみてもいいかも…?

アンコール

カンボジアで見かけたビールのほとんどコレでした。「アンコール」ビール。

アンコールビール

香り高くなめらかで、みんなが飲みやすい味が特徴です。
甘みとキレが強い。
1缶 0.6ドルほど。

カンボジア

今、シェムリアップの町で人気急上昇中のビールが、「カンボジア」です。

このブランド、最近生ビールが飲めるレストランが増加中なんだそう。
1杯1ドル~ほど。

カンボジアビール

あっさり&キレがあり飲みやすく、ゴクゴクいっちゃいます。
缶の場合は、お値段 約0.65ドル。

ANCHOR

私これ、ずっと「Angkor(アンコール)」だと思っていたのですが、ん?よく見ると「ANCHOR」。
「アンカー」です。そういえばイカリのマークがついている…

東南アジアらしいフルーティーな味わいが◎
アルコール度数もちょっとだけ低い4.5度。そしてお値段も安価。いいですね!

シンガポールのビールです。

アンカービール

プノンペン

2番目にご紹介するのは、「プノンペン」。
その名のとおり、プノンペン近郊で製造されているビールです。

甘みの強い黒ビール「プノンペン スタウト」も人気だそう。

バイヨン

とあるガイドブックで、最低点をつけられていた(笑)「バイヨン」ビール。
私は飲んでいないのですが、水っぽく、あまりビールっぽくないんだとか。

ただし、パッケージがいい!オシャレです。
「バイヨン」の名前のとおり*、その寺院にある四面仏塔が描かれてるんです。いかにもカンボジア!シェムリアップ!アンコールワット!というデザインなので、ネタ土産にはいいかも?しれません。

四面仏塔

*バイヨン=代表的なアンコール遺跡「アンコールトム」の中心部にある寺院

ガンツバーグ

ややビターな、ドイツ仕込みのビールは「ガンツバーグ」。
苦味や甘み、酸味などすべてが強く、癖のある味が特徴です。

ガンツバーグ

カンボジアでは発売されたばかりということで、話題。

ABC エクストラ スタウト

実はシンガポールのビールなのに、カンボジアで人気なのが「ABC エクストラ スタウト」です。

ABCビール

アルコール分が8%とかなりお高め。

苦味と甘み。重い味わいが好きな人に◎

そのほか、東南アジア各国のビールも

シェムリアップ、プノンペンなどのスーパーマーケットでは、東南アジア各国のビールも販売されていますので、いろいろ買ってみるのも楽しいと思いますよ!

カンボジア人気ビール

番外編 シェムリアップには地ビールもある

ちょっとおまけの情報。

ホテル「シンタマニクラブ」の裏手という立地に昨年オープンしたレストラン「ブリューパブ」では、シェムリアップ初のクラフトビールを飲むことができます。

カンボジア シェムリアップ ビールが美味しい店

ドイツの麦芽、オーストラリアのホップ、ニュージーランドの酵母を使っているそうです。

カンボジア シェムリアップ クラフトビール

4種類のクラフトビール「ブロンズ、ゴールド、アンバー、ダーク」をすべてテイスティングできる試飲セットはお値段3ドル。

それぞれ違った味わいの4つ、必ず好みのお味が見つかるはず!
女性にも。男性にも。

スポンサーリンク
top010525b top020525b top030525a top040525b top0505245b