居心地よし!味よし!「カフェインドシン」予約方法も。

シェアする

カフェインドシンの外観

カフェインドシン おすすめメニュー

またも、女子旅にグイグイとおすすめしたいカンボジア料理(クメール料理)レストランを発見しました。

アクセスもよく、居心地の良い店内、一人飯もオウケイ、な「カフェインドシン」についてご紹介したいと思います。

「カフェインドシン」の詳細、口コミをチェックする
「カフェインドシン」を予約する

スポンサーリンク

「カフェ・インドシン」の場所

さて、冒頭に書いた通り、カフェインドシンは観光客には嬉しい立地

オールドマーケットから北の方向に徒歩20分くらい。

Sivatha Street

↑Sivathaという名前の通りにあって、その途中にはパークハイアットホテル、そしてほんの近くには、ガイドブックなどでもおなじみのお洒落BAR「Nest Restaurant – Bar」↓、

Nest Restaurant - Bar

少し北に行くと「ラッキーモール」↓という大きな商業施設もあります。

ラッキーモール シェムリアップ

このほか、個人的にかなり気に入っているローカルなレストラン「Chan Reash 10 Makara」や、カンボジア風サンドイッチ「ヌンパン」を売る店なども近いですので、このあたりで半日~1日遊んでもイイかな、と思ったりします。

住所:No.44 Sivatha Street, Krong Siem Reap, カンボジア(No.44 Sivatha Street, ក្រុងសៀមរាប)(グーグルマップで開く

cafe-indochine.com
+855 12 964 533

「カフェ・インドシン」にきました!店内の様子

さて、そんなカフェインドシンにやって参りました。

カフェインドシンの外観

外観は↑こんな感じ。素敵でしょーーっ。

カフェインドシン おすすめメニュー

店前には大きなメニューのボード。

写真付きで分かりやすいので、お値段なども含め、同行者と相談してから入店を決められるのでいいですね。

夜のカフェインドシン 外観

カフェインドシン 外観

お店は1F、2Fに分かれており、1Fにはオープンエア席、2Fにはテラス席もあります。
昔ながらの高床式民家を改装して作っているそう。

↓2Fの様子。

カフェインドシン 内装

↓2Fテラス席から外の眺め。
道を挟んでお向かいの眼鏡屋さん?が見えてます。

カフェインドシンのテラス席

フランス人経営とのことですが、店内はお洒落すぎず、ちょうど落ち着く感じの内装です。

欧米人のおひとりさま女子もいたりして。

「カフェ・インドシン」おすすめメニュー

それではいよいよオーダーを。

カフェインドシンでは、代表的なクメール料理はたいてい食べる事が出来ます

カフェインドシン おすすめメニュー

↓まずおすすめなのが「アモック」。

甘みの強いカレーの卵とじ…みたいなお料理で、たっぷりのココナッツミルク、そして、日本ではあまり使われないガランガルやカファライムなどのハーブや、ナンプラーの特別な味わいがたまりません。

アモック

↓そしてこちらもまた代表的なクメール料理「ロックラック」。
カンボジア風の牛肉サイコロステーキです。

カフェインドシン ロックラック

甘い味付けはカンボジアらしく、ライムやペッパー、ナンプラーなどが使われています。
なんというか、やはりこちらも日本ではいただいたことのない味わい。

トマトやきゅうり、目玉焼きなどが添えられていることが多いです。

カフェインドシン 空心菜

私たちはその他、空心菜炒めや、ワイン…、カクテルはピニャコラーダやブラッディマリーなどを楽しみ…

カフェインドシン 内装

↓お会計はこんな感じ。女子2名で27.5ドル。約3000円ですね。

カフェインドシン メニュー レシート

…というワケで、カフェインドシン、いかがでしたでしょうか。

私たちが訪れたタイミングは「一番オススメじゃない時期」だと言われている4月だったのですが、それでもポツポツとお客さんがいました。さすが人気店。

ですので、ハイシーズンの夜は予約必須だと思います!
カフェインドシン、ぜひ一度体験を~~!

「カフェインドシン」の詳細、口コミをチェックする
「カフェインドシン」を予約する